<<Back...



ねこねこ金融道(ナニワ金融道)※フィクションです
次号より連載開始!

作・画:青木雄二『ねこねこ金融道』





 俺は灰原雪希。 大阪一の金融屋になるため、今日も帝猫金融で働いている

肉欲「おう、灰原はん、こっちや」

 肉欲日和…かつては制作費20億の作品を動かした男。
 しかし今は、PBの下請けとして、小仕事で生計を立てている。

灰原「久しぶりですね肉欲さん」

肉欲「灰原はん、堅苦しいのは抜きや、早速本題にいこか」

肉欲「実はわし、またゲーム作ろうと思てますんや」

灰原「えっ」

肉欲「でもわしみたいにミソついた人間、VAみたいなええとこは拾うてくれんし、
   それで灰原はんに頼もうと思いましたんや」

灰原「待ってください、僕のとこも別にそんな」

肉欲「いや、そんなことはあらへん。     
   あんたとこはスネに傷持っとるのにも貸してくれるはずや」

灰原「うーん…」



 埼玉県所沢市、帝猫金融――

由梨子社長「何やて、金貸してくれやと!」

灰原「はい、社長。TGLに繋いでください」

由梨子社長「灰原、お前にこのカツ丼を食う資格は無い、そこへ座れ」

灰原「は、はい」
    
社長「なあ、わしら遊びや同人でソフト作ってるわけちゃうのや、
    3ケタでも黒が出るような小商いやるんやったら、
    ドカチンでもやった方がなんぼかマシやろ」

灰原「しかし社長、今は起業ブームですし、時代が…」

社長「アホンダラ、何が時代じゃっ」

 ぎゅうう〜…>ネクタイを締められる灰原
    
灰原「いてててて」

社長「ベンチャーやるんやったら自分の金でやらんかい、
   それか、そうやな…例えば」

灰原「た、例えば?」

社長「そや、TGLに頼まんでも、他に頼むとこやったらあるやろ!」

灰原「え、ま、まさか、他の販社ですか!」

社長「ちゃうわ、オーガストや、オーガスト行ってこんかい!
   あっこやったら金もあるやろ、少しは流れってもんを考えるのがゲーム屋じゃ!」


桑田のぞみ「…さすが社長や、わしならHOOKて言うとったわ」

灰原「はあ…」
    
 こうして、今日もナニワの街は夜を迎えていくのだった…


          〜完〜



来月号をお楽しみに!




<<Back...