<<Back...


クリスマス特別企画

■クリスマス特別企画

日の暮れた空が、
オレンジから蒼に染まる頃。

街行く恋人が
赤、青、緑のイルミネーションに彩られる頃。

耳をすませば街角からは、

♪きっと君は来ない〜
 ひとりきりのクリスマスイブ〜♪by山下達郎

そう…今夜は『クリスマスイブ』
一年で一番、カップルが幸せになれる日。
サイレンスナイツ&ホーリーナイツ。

こんなオシャレ軍に対応するべく、
当ねこねこ(ブサイク軍)も挑戦しました。

●『オシャレ軍を倒せ!の巻』2001 Holy night

ご存知の方もいるかと思いますが、
実はこの企画は2回目です。

ちなみ昨年は こんな感じ です。
今は亡き、米さんが活躍しました(笑)

なんてゆーか、今ひとつだったのですが、
今年は『違います』
新しい人材として「東(奴)トナタ」がいるからです。
…頑張れ、奴! これが新人ライターの試練だ!
_____________

▲PM 04:00〜

雪 希「ねえ、お兄ちゃん」
 奴 「どうした、雪希?」

雪 希「あのね、今日ってクリスマスなんだよ」
 奴 「ああ、そうらしいな」

雪 希「え、えと…それでね…」
 奴 「あ、悪い、今日も声録りだから」

雪 希「そ、そうだったね…ごめん」

…せっかくのクリスマスイブ。
だけど、雪希さんはしょんぼりしていました。

雪 希「しょんぼり…」
 奴 「ふう、しょうがないな…」

 奴 「じゃあ、一緒に出かけるか?」
雪 希「う、うん、ありがとうお兄ちゃん!」

こうして健(奴)ちゃんは、
雪希さんと一緒にクリスマスの街へと繰り出すのでした。
よかったねよかったね。

▲PM 05:00〜

雪 希「ね、ねえ、それでどこに
    連れていってくれるのかな?」
 奴 「ああ、良い所だよ」

雪 希「うん、楽しみだよぉ」

健(奴)ちゃんは、いつものように
自分の一番のお気に入りの場所へと足を運びます。

●↓健(奴)ちゃんのよく行く場所 アニメイト池袋店
店員の人にバレないようにロケ敢行。

 奴 「どうだ、雪希?」
雪 希「う、うん…」

 奴 「欲しい本があったら買ってあげるぞ?」
雪 希「う、うん、でもコミケカタログは、
    もう買っちゃったし…」

健(奴)ちゃんのお気に入りの場所ですが、
イマイチ雪希さんは喜んでくれません。

 奴 「おおっ、こっちも凄いぞっ」
雪 希「え、なになに?」

●↓隣のらしんばんさん。やはり健ちゃんのよく行く店らしいです。
銀色グッズを見つけて、思わず記念写真。もちろん無許可なので見つかる前に撤退すべしっ!

雪 希「あ〜、銀色の下敷きだ〜」
 奴 「う〜ん、なんか感動するな…
    とりあえず記念写真撮ろうぜ?」

雪 希「え〜、嫌だよ、恥ずかしいし…」

 奴 「ほら、早くしないと
    店員さんに見つかって怒られるから」

雪 希「ええっ、わ、わかったよ」

そう。ここまでやっていて今更ですが…
今回のロケは全て「無許可」で敢行しています。やるな健ちゃん。

▲PM 06:00〜

 奴 「じゃあ次は、ゴハン食べに行こうぜ」
雪 希「うん♪」

●↓焼肉屋さん、健ちゃん珍しく大判振るまいの図。
雪希さんは、ウーロン茶を飲んでます。○6才だから当然です。

 奴 「どうだ雪希、焼肉美味いだろ?」
雪 希「うん、美味しいね〜♪」

 奴 「そうだろそうだろ、ほらもっとカルビ食え」
雪 希「あはは、お兄ちゃんったら〜」

楽しそうに食事をする二人。
だけど健(奴)ちゃんは「ある事」に、
まだ気付いていませんでした。

▲PM 07:30〜

二人が次にやってきたのは、
カラオケ屋さん。

 奴 「はい、次は雪希の番だよ」
雪 希「はうっ、下手だから恥ずかしいよ」

 奴 「ははは、そんなことないって」

●↓カラオケ屋さんにて、みずいろ歌う雪希さんの図。
見えないですが、足元にはドリキャスが…(笑)

雪 希「胸がふるえる〜あわく揺れてる〜♪」
 奴 「いいぞ〜、雪希」

雪 希「離れえぬよう、流されぬよう〜♪」

●↓熱唱する雪希さんの図。
もちろんカラオケにそんな曲は無いです。ドリキャス持参で無理矢理にやっています。バレると危険ナリ(汗)

カラオケ屋のモニターテレビのAV線を外し、
無理矢理にドリキャスを繋いで「みずいろ」を
歌わせる健(奴)ちゃん。

…まさかドリキャス用のβ版が、
こんな所で使用されたとは、セガもインチャネも
知る由も無いでしょう。さすが健ちゃん。

▲PM 08:30〜

●↓ホテル街の一角にて二人のツーショット。
ご休憩3500円の文字がシビれます。

 奴 「じゃあ雪希…ちょっと休んで行こうか?」
雪 希「え、え〜と…でも…」

焼肉を食ってHP・MPともに全開の健ちゃん。
もちろん、普段なら雪希さんも拒みません。

だけど今日は…クリスマスイブ。
一年に一度だけの聖なる夜なのです。

雪 希「ね、ねえお兄ちゃん…」

雪 希「やっぱり今日はオシャレな所に
    行ってみたいよ…」
 奴 「…………」

雪 希「ゴメンね、わがまま言って…」
 奴 「…そうか、そうだったな」

(スマン、雪希…)
健(奴)ちゃんは心の中で謝りました。

 奴 「よし、じゃあお前の行きたい所にしようか」
雪 希「ホントに?」

 奴 「ああ、クリスマスに相応しい、
    オシャレな所に連れていってやる」
雪 希「わぁーい、お兄ちゃんありがとうっ」

幸いにも、まだ夜は始まったばかり。
ここから二人のホーリーナイトが始まるのです。

▲PM 09:00〜

●↓ここからが本当のクリスマスだ!
JR山手線 恵比寿駅 駅員の目をかいくぐってロケ敢行。難度高し!

こうして二人が向かった場所は「恵比寿」。

そしてその先にあるのが、
オシャレ軍の本拠地「恵比寿ガーデンプレイス」

▲PM 09:30〜

●↓オシャレ軍で溢れるデートスポットにて
ロマンティックな雰囲気に、雪希さんご満悦の図。こんな事なら「マヨちゃん」も連れてくるんだったと後悔。

雪 希「うわ〜、綺麗だよ、お兄ちゃん〜」

オシャレビルを背に雪希さんが、
はしゃいでいます。
この姿を見て健(奴)ちゃんは、
本当に来て良かったと思いました。

●↓美しい噴水の前にて
なんか関係無い人も、一緒に雪希さん撮影していたような…(汗)

 奴 「ほら、雪希…」
雪 希「え、なあに?」

 奴 「お前の好きなケーキだよ」
 奴 「はい、あ〜ん」

●↓雪希の好きなケーキを食べさせる健(奴)ちゃん。
このシーンが最もオシャレ軍を圧倒した瞬間です。参ったか?オシャレ軍め〜

雪 希「も、もう、お兄ちゃんったら♪」

イルミネーションを帯びた噴水の前で、
ロウソクを灯したケーキを食べる二人。

思わず道行くカップルも振り返ります。
アツアツな二人に乾杯。

●↓開き直ってケーキ食うロケ班。
朝から声録りスタジオに詰めていた何も食ってなかったそうな。

ついでに雪希さんそっちのけで、
ケーキを食い始めるロケスタッフ達。ダメです。

▲PM 10:00〜

 奴 「ちょっと疲れたろ…休もうぜ」
雪 希「うん…」

●↓雪希さんも、うっとりの図。
通り過ぎるカップル達。この日、一番に光っていたのは君達だ。

歩き疲れて、ベンチに寄りそう二人。
夜の星とクリスマスネオンに、
とってもロマンチックなムードです。

雪 希「ねえ、お兄ちゃん…」
 奴 「なんだい、雪希」

雪 希「今日は、ありがとうね」
 奴 「ああ、また来ような?」

雪 希「うん♪」
__________

♪〜雨は夜更け過ぎに、雪希へと変わるだろ〜♪

♪〜サイレンスナイツ、ホーリーナイツ〜♪

こうして今年のクリスマスも、
オシャレ軍に勝つことが出来た!!

だが、年々強力になっているオシャレ軍に、
来年は勝つことが出来るのかっ!?

負けるな雪希さんっ!
んで、次の敵は誰だ!?
____________

※尚、このロケ中に、笑われること数回。
 じ〜っと見られること数え切れず。

 指をさして、
彼氏「お、おい、あれって…」
彼女「しーっ、関わっちゃ駄目よっ」

彼氏「い、いや、ちょっと、待って…」

 彼氏の袖を掴んで、
彼女「しーーっ! 駄目だってっ」

ロケ班「…………」


<<Back...