<<Back...


クリスマス特別企画2005


▲オシャレ軍を倒せ! ♪恋人はサンタクロースの巻▲

☆2005年11月某日 所沢


そういえば世紀末ラオウ美味しかったです!
▲不夜城

木緒「で、どうします今年のクリスマス?」

秋津「去年、ニューヨーク行ったから、
   これ以上のオシャレエリアは無いかも知れませんね」

とも「んじゃ、ノルウェーなんてどーよ、ノルウェー。
   あそこって本物のサンタさんが居るんでしょ?」

国民の約1割がサンタらしい
▲漁業と観光とサンタの国

木緒「ああ、それは良いかも知れませんね、
   トナカイのそりに部長乗せてもらうとか」

〜こうしてノルウェー行きが決定しようとしていた時〜


杉田「バッカMOOOOOOONっ!!」>150ホン

三人「ひぃっ」

杉田「なにがノルウェーですか、いつもいつも貴方達は、

   お金使うことばっかりして、少しは反省して下さいっ」

三人「は〜い…」>しゅん

杉田お母さんに怒られましたとさ。

速攻で暗礁に乗り上げてしまった今回。
他に良い手がないかと考えていたある日…

とも「マテよ…先に資金調達すれば良いのか?」

すきすきすきすきすきっすき、あ〜いしてる♪
▲ぽくぽくぽく…チーン!

そうだ、これなら杉田ママもOKしてくれる筈!

●そんなこんなで今回の計画●

まず、佐渡で金を掘り当て、その後にオシャレ共を倒しにいく。
ついでにエイベックスを買収し「えいべ☆くす」と社名変更させる。

___________________

▲オシャレ軍を倒せ!プロローグ:佐渡で金を掘ってこいの巻▲

寒波の影響で息が真っ白です

12月23日の早朝。

そこには、無駄に張り切る木緒さんと、
ぐったりした新人ライターの大月くんの姿がありました。

とも「じゃ、頑張って金掘ってきて、金、元素記号AUを」

木緒「まーかせて下さいっ、もう1トンくらい楽勝っす」

新人「あのう…やっぱ、この企画間違ってると思うんですけど。
   ふつーに考えて金なんて出ませんよ」

どーでもいいけど木緒さん、その格好似合いすぎ
▲先輩からの指導

木緒「バカMOOーん! なに頼りないこと言ってんの」

とも「そうそう、ナナミーなんて平気で出すぞ」

今では世界のエネルギーの3分の1をまかなうほど
▲わわわ、原油が噴き出してきたよぉー

んで、まずは大宮駅から新潟へと。

意外に大宮って近いんですよね。所沢から
▲大宮駅にて

だからガキ、じろじろ見るんじゃねえっ
▲新潟駅にて

ここから船で佐渡島へと向かいます。

寒波、侮り難しっ
▲つか、欠航してるし…

どうやら寒波の影響で船便が止まってました。
船便って天候に弱いですから。
そういえば前回コミケの進藤キューブも危なかったです。
どこの現場からきたオヤジや
▲んで、ヤケ酒をあおる二人の図

一人2000円

とかなんとか言ってたらフェリーに乗れました。

よく考えたらブサイク軍、初の船旅です
▲荒れる日本海

こわいって、その面
▲んで、佐渡上陸

さて、若干のアクシデントもありましたが、ここからが本番です。
さっそく金を掘りに向かいます。

この奥が洞窟みたいなってのかな?
▲ここが佐渡金山

ごっつい錠前だなぁ
▲て、もう閉まってるし

部長、ぱんつ見えてますよ、ぱんつ
▲うなだれる二人

ガリン新人「どうしましょう木緒さん?」

ペイロ木緒「大丈夫、大丈夫。そのへん掘っても出るからっ」

木緒…頼もしい奴
▲スコップ片手に気合を入れるの図

つかお前、そこ路肩じゃねーのか?
▲よいしょよいしょ、そーれっ

ヤラセなんて言うのはこの口かっ
▲おおっ、これはもしや…

気分的には水曜スペシャルの川口浩っぽいので
▲金塊ゲットだぜ!

木緒「いや〜、まさか本当に出るとはなぁ」

木緒「んじゃ、オシャレ軍を倒しに行くぞーっ」

新人「おー…」>かなりぐったりしてる

__________


長い前フリの後、今回訪れた敵地は…

苗場にしようか悩んだ結果、こちらに
▲ガーラ湯沢

こ奴らの頭の中は、スキーが大好き(20%)と、アフタースキー(80%)で、はちきれんばかりです>断言

見て下さい、この若者で溢れる光景をっ

なんてゆーか、クリスマスにこんなことしている、
我がブサイク軍とはえらい違い。

お台場やニューヨークとは、
また一味違ったオシャレさん達で賑わっています。

右を向いても左を見てもオシャレウェアに身を包んだ若人ばかり
▲ようこそ〜スキー天国へ〜♪

 松任谷由美「地獄へようこそ、ブサイク軍の諸君!」

そんな、ユーミンの挨拶が聞こえるようなゲレンデ。
んでも、ツリーは大したことありませんでした。

この儲け具合の違いは…やっぱコピーガードつけてるだけはあるなぁ
▲比較対照:エイベックスのツリー

さて、それはさておき、早速オシャレ共で賑わうゲレンデへと、
我がブサイク軍も踊り出ます。

だからガキ、ジロジロ見んなって、あとどっかのねーちゃんもっ
▲雪希さんご満悦

おおっ、引いてる引いてるっ、
人ごみでごった返していたゲレンデが、我らの回りだけ潮が引くようにっ

部長もそうだけど、木緒の格好が浮きまくってておもろい
▲部長も参加

子供スキーがぴったりみたい
▲んで、スキーでご満悦

てな感じでオシャレゾーンを圧倒していた我ら。
今度は苗場にも足を伸ばします。

♪ブーリーザード〜、OHブリーザード〜、白い〜世界へ〜byユーミン
▲と思ったら、シャレになってない吹雪にっ

しかも、オシャレ共は早々に退散した模様で誰もいません。

つか、弱っ、弱々です。広瀬香美予備軍は。

なにが恋人はサンタクロースじゃっ、
ぬ〜べ〜なんて雪女が彼女だぞ、地獄教師だけど。

羽生丈二&部長…想え!
▲そして、勝利宣言をする我が軍。

はい、あ〜ん♪
▲ダメ押しの恒例

こうして今回は完全勝利を収めることができた!


今、平成の歩き方を読んだら面白いだろうなぁ。ザギンでスーシーとか
▲まとめ:『シュプールに描く恋なんて、ねえっ』

んで、次の敵は誰だっ! 終わったらしい

_____________________

■プレゼントコーナー

そんなわけで今回は、広瀬香美からぶん取ってきました。
(こちらは以前の募集ですので、受付は〆切っております。)

サドガシマは以前にもコミケで差し入れて貰ったことがありました。いや、結構有名なんですね〜♪

あと、マジでシャレにならんくらい寒かったそうです。
これからスキー行かれる方もお気をつけ下さいませー

<<Back...