<<Back...


クリスマス特別企画2012

▲12月24日 オシャレの巻▲
今日は一年で最もオシャレ共が活性化する日です>挨拶

ウナトミー「ちなみにともさん、今年はどうするんですか?」

とも「小説本の続きと、ちょびっとだけブランケット作ったYO!」

ねこの方で評判良かったので試しに

ウナトミ「冬コミのことじゃないっすよ、クリスマス」

とも「え、ああ、そういえば……そんなのもありましたね」

なんてことでしょう。
20日に一稿〆切あった為、すっかり忘れてます。この人。

ウナト「ともさんここんとこ、まともにオシャレ討伐やっとらんでしょ。
    むしろ先月は、敵地(オシャレエリア)に行く始末だし……」

ある意味、あれがクリスマス企画っぽかった
▲オシャレPEI

ウナ「この裏切り者っ、もげろ爆ぜろっ」
とも「うるさーい、それと、もげるor爆ぜるで、どっちかにしろっ」

どうやらウナさんは勘違いしているようです。
元々、この恒例行事は、オシャレ共を倒すことが目的ではありません。

一年で一番オシャレな日を……『最もオシャレに過ごす』がコンセプトです。

そのステキな過ごし方を見た、巷のオシャレ共は圧倒され、
結果として、奴等がもげたり爆ぜたり、
たまに気の毒な人を見るような目で指差されて見られただけです。understand?


とも「んじゃ、今回は初心に帰って原点復帰で」

ウナ「ジョイ☆マックス!」>了承の合図

新人「スフィア☆王国!」>今回は北海道じゃなくて良かった

(※新人=御導はるか)


●漫喫に行ってみたYO!

ホーリーナイトなんで、山下達郎とかWAMとかアルペンスキーとか、
なんかそのへんが活性化する頃。

とも「じゃ、ここ(熊谷)に来てから、あまり活動してないので、
   ちょいと挨拶がてらに頼む。駅前あたりとかも」

はるか「嫌だな…毎日、買い物に行ってるのに…」>駅前

ツリーの一つも無いよ
▲クリスマスのクの字もねえby熊谷

いもうとPOPの肩に手を回す
▲とりあえず恒例の活動を

ちなみに慣れたとはいえ、最寄り駅でコレするのは割とキツい。

これ初めて熊谷来た人って引くだろうな…駅前のど正面にあるし
▲漫喫のビルの1Fは風俗店

40分間で、女の子が目の前で2回、セーラー・ブルマ・スク水に生着替え
▲一見すると萌えっぽい看板だが、明らかに違う

んで、その2Fにある漫喫に入ります>意外に中むっちゃキレイ

はるか「ところで自分、漫喫に来て何するんですか?」

とも「クリスマスを有意義に過ごせるよう、オシャレな本を読んでもらう為」

ウナ「そうそう。これも新人がやるのが伝統なんで」

はるか「や、クリスマスに相応しい本って言われても分からないですけど」

それからマイ&ウナが説明しても、イマイチ理解できない新人。
やはり札幌一回行った程度では無理もないこと>オシャレ道

とも「ちなみにマイのオススメは、これかなぁ」

あ、しずかスキーぬい久しぶりに見た
▲彼岸島

はるか「これって、どんな本なんですか?」

とも「丸太。以上」

はるか「や、さっぱり分かりませんよ。
    つか、それって本当にクリスマスに読むべき本なんですか?」

マイ脳内2012年、様づけするキャラベスト3:カーズ・雅・ハート
▲雅さま


ウナ「ならば御導……特攻の拓を読め…」

武丸
▲”不運” (ハードラック )と“踊”(ダンス )っちまった

はるか「なんかそっちも絵からして、怖いんですけど……」

ウナ「これ絶対オススメ。あと読書感想文も提出な。200文字以内で」

ノリ的には、苦離巣魔巣(クリスマス)夜露死苦
▲17巻もあった


◎読書感想文「特攻の拓」御導はるか

 始めてこの本を見たとき『ぶっこみ』って読めませんでした。
 登場人物の中ではキレて白目剥き出しの武丸が怖かったです。
 どんなに痛めつけても向かってくるなんてゾンビみたいでした。
 あんな人とは関わり合いになりたくないなぁと思いました。

 ところでこの本のどこがオシャレなんだろう?
 あんまりクリスマスっぽくないなぁと思いました。
 もしかして彼岸島の方が良かったかも。失敗。


とも「じゃあ、やっぱ次は『BOYS BE…』かな」

一話完結タイプで60巻レベルって、そりゃ無茶でしょ
▲確か全巻で60あったと思う

はるか「絵が可愛いですが、今度こそクリスマスに読むべき本なんですか?」

とも「YES。内容的には、中学生男子の古典。もしくは死海文書的なの」

しかし残念ながらBOYS BE…は店内にありませんでした。

ウナ「ともさん、どうします?
   さすがに他の店にもあるとは思えないですよ。
   なんなら、かぼちゃワインとか…」

とも「余計ねーよっ……しょうがない。ブックオフ行こう」

ウナ「まさか買う気っすか!?」

全巻セットを見つけた瞬間、思わず本気で笑ってしまった
▲んで、2件目に寄った店で、ようやく発見

6800円でした
▲ウナトミーご満悦

賭けても良い。
これをクリスマスイブにまとめ買いする人は、日本中探しても居ない。

んで、そのままマックに移動し、
彼にはBOYS BEタイムに入ってもらいました。

マック熊谷駅前店にて
▲>テーブルに本を

とも「じゃ、ここで神聖なイブナイトを過ごしてくれ。一人で」

はるか「って、自分だけ残して、どこ行くんですかっ」

とも「だってそれ、60巻くらいあるし。
   あ、テーブルの上の本は並べたまま読むルールだから」

はるか「なにそのキツいルールっ」

ウナ「平気平気。すぐ慣れるから。あとこれも読書感想文よろ」

よく見ると駅の別出口は、ツリーとか飾ってました
▲駅前(ニットーモール前)ネオン

ウナ「お、クリスマスっぽいですね。ちょっと部長連れて行きます」

ホントにきれい。熊谷バカにしてゴメン…
▲部長と共にbyKUMAGAYA

さすがウナトミー。新人と違い堂々としたもんです。
若いカップルからの痛い視線なんてガン無視です。

なんかかわいい
▲小雪さんをツリーに飾ってみた


はるか「待って下さい〜」

てなことやってたら、大荷物を抱えた彼がやってきました。
まだあれから数時間しか経っていません。

ウナ「早っ、もう読んだの?」

はるか「いいえ、あのマックって、24時で閉まっちゃうらしいです」

なんということでしょう。
あのまま朝まで(25日午前中くらいまで)ずっとマック店内で、
オシャレ共を圧倒してもらう予定だったのに。

とも「しょうがない……BOYS BEの続きは開発に帰ってからで」

はるか「あのう、もう既にオナカ一杯なんですが。全て同じ内容だし……」


◎寒いので鍋を

その後は新人の労うウナ&とも。こう見えて面倒見良い。
なので、以前に食いたい食いたいと言われていた、鍋を作ってあげます。

※鍋=これも以前(エイベックス)に行った時にやった恒例行事。
 あの時はユンケルとか漢方薬とか入れて、ひどい有様に。

なので今回は食べられる物だけに限定しました。


ステンレス製
▲鍋を用意します

白菜・エリンギ・男前豆腐・ブタ肉・白ネギ
▲材料を用意します

イカちゃん・アスカ・マミ・みゆき
▲材料2を用意します

おいおい、アスカだけ可哀想なことしてやるなよ…ユニゾン失敗か?
▲よく煮ます

ラヴィリアと聖女さまの抱き枕はどうした?
▲完成:大勢のヒロインに囲まれてご満悦

だって本人が萌えパワー吸われたって言うから
▲京極はるか「なんちゅうもんを食わせてくれたんや…なんちゅうもんを…」

ウナ士郎「BOYS BE…で消耗した萌え力を回復させる効果もあります」

とも「あ、削られるんだ萌え力? BOYS BE…って」

※食材はこの後、スタッフが美味しく頂きました>とも&CGの韮ればおで
※うっかり材料2の塩ビが溶けない内に食べるのがコツです

今年もAKBケーキ。通称イトーヨーカ堂さん、いつもありがとう><
▲最後はお約束のケーキ

これさえやっときゃ終わり
▲はい、あーん


◎◎まとめ

そんなこんなで今年は初心に戻って、地元で漫喫にしました。
ギリギリまでロケ準備するヒマなかったし。

ローテーション的に、次回は遠征って感じでしょうか?

……そいえば、熊谷に来てから、変な行動は控えてたのに、
明日からニットモールに行き辛くなるよ…>我らの食料庫


僕の想像していた女子校のクリスマスは、こんなのじゃない
▲ついでに隣の女子校も見てみた>誰もいない

今回はいつも以上に、貰っても困る物ですね……

・BOYS BE…全巻:1名さま
・食材2(イカちゃん除く):1名さま

※あて先
ねこねこソフト 「丸太」係り 宛 (12/25消印有効)

(※受付は〆切っております)

◎読書感想文「BOYS BE…」御導はるか

 あ…ありのままさっき読んだことを話すぜ!
『俺は新しい話を読んでいると思ったら、いつの間にか同じような話を読んでいた』。
 頭がどうにかなりそうだった…ループ物だとか、パラレルだとか、
 そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
_

◎BOYS BE…その後。

彼が死んだので、マイが後を引き継ぐことになりました。
たぶんどっかで寝ると思うbyとも


<<Back...